メニュー 閉じる

産地探訪「木苺ジャム」

木苺ジャム

MAMAiSM母親協同舎が制作した記録映像です。秋田五城目の恋地ベリージャム農場を訪問してきました。自然豊かな環境、生産者の考えがストレートに伝わってきます。詳しくは、以下の動画をご覧ください。

木苺ジャム(赤)

生産者 佐々木千佳子さんのコメント:

「ほら、蜂の音。蜂さんが、咲いた花に来てくれるから、果実が実をつけるんですよ。」

「ジャム1瓶(250g)に、55個(の)木苺を使うんです。それは毎日収穫した分から、さっきのような軸を取り外しするのに、2-3時間かかります。」
夜の12時頃ごろまで毎日かけて作業を終了してから冷凍し、それをジャムにするんです。」
「ジャムにする場合、砂糖を塗しまして、ビタミンCが壊れない状態で鍋に入れます。そして、2-3時間かけてジャムを作ります。」

「心を込めた作ったジャムが、ちゃんと東京とか北海道とか皆さんに心が届かさる(=届けることができる)のが嬉しくて、(ジャムづくりを)やっているようなもんですよ。」

記事作成:20190811 取材日:20190719  担当:靖